中国語翻訳の依頼は現在ネット上で気軽に行うことが出来るのです

本棚

中国語に関する翻訳を依頼するには?

中国語に関する翻訳には現在、ネット上において数多くの請負サービスが存在します。翻訳作業の担い手となっているのは、日本の一般の中国語の上級習得者で、学生から中国ビジネスの経験者まで幅広く、そのほとんどはネット上において、それぞれの請負サービスから雇用、依頼され、納品されるという形をとっています。中には、日本に来ている中国人留学生や日本語に習熟した中国の方々もおり、日本国外に在住している作業担当者も多くいるようです。
中国語翻訳の作業単価は、現在は日中翻訳(日本語⇒中国語)では1文字あたり8~12円、中日翻訳(中国語⇒日本語)では10~18円あたりが相場となっています。単価においての1文字は依頼された元言語でカウントするのが標準となっています。多くの業者において標準翻訳と高精度翻訳のグレード分けがなされており、それぞれ価格が違ってきます。また、日中翻訳(日本語⇒中国語)においては訳される中国語が、簡体字・繁体字どちらかであるかを選ぶことが出来ます。
中国語翻訳の依頼は、主にネット上で気軽に行うことが出来、著名な事業者としては「翻訳会社FUKUDAI」という会社があり、多くの支持を集めています。

中国語の翻訳家に必要な資格

実は、翻訳家にはこれといった特別な資格は必要ありません。翻訳家の多くは、大学の外国語学部や翻訳の仕方を勉強する専門学校を出ています。しかし、そのような学校を出ていなくてもプロの翻訳家の元で学んだり、翻訳試験を経て会社に登録したり、翻訳コンテストで受賞したりして翻訳家になる人もいます。中には完全独学という強者もいるようです。
英語と中国語には、翻訳技能認定試験という日本翻訳協会が行っている試験があります。ですが、これも実力をはかる為の目安に過ぎません。似たようなものにTOEICなどがあります。翻訳の仕事をするには、TOEIC900点以上の語学力が必要と言われています。さらに、日本翻訳協会が行っているJTA公認翻訳専門職資格試験というものがあるのですが、この試験に合格すると仕事をする際に有利になると言われています。翻訳家は資格が必要ないからと言って簡単になれるものでもありません。上でも少し触れましたが、特に中国語の翻訳家には翻訳会社のトライアル(試験)などに合格して翻訳会社に登録してから仕事をしている人もいます。
試験に合格するには高い語学力が必要になるので、少し中国語などの外国語が話せるからなれる、と思ったら大間違いなのです。ちゃんと自身の頭の中で言葉の意味を正しく日本語に置き換える能力が必要になります。特別な資格は必要ないのかもしれませんが、能力は様々ものが必要になってくるわけです。

翻訳を依頼する際に気を付けたい注意点3つ

現在、翻訳家は国内外にたくさんいます。個人の翻訳家もいれば企業所属の方もいます。では、翻訳を依頼する際はどのような点に注意すべきなのでしょうか。今日は受注者を選定する際の注意点を3つご紹介致します。
まず、最初に注意すべきことは、原文のジャンルに沿った翻訳家を選定することです。翻訳は出版、商業、特許、金融など様々なジャンルに分かれているので、その道のプロに任せるのが一番です。プロの翻訳家は必ず得意ジャンルを持ち、それ以外の翻訳には対応しないケースが多いです。
次に注意すべきことは、翻訳料金です。原文一文字当たりの翻訳単価は一律ではありません。翻訳家によって料金には大きな差があるので、予算内で受注してくれる方に依頼しなくてはいけません。一般的にはフリーの翻訳家の方が低価格で受注してくれ、料金の相談にも応じてくれるケースが多いです。また、個人/企業に関わらず納期が早いと特急料金を取られることが多いので、納期にゆとりがあった方が料金が抑えられます。
最後に、依頼前に翻訳家の実績を確認することが大切です。翻訳会社に所属している翻訳家の場合は会社が能力を保証してくれますが、個人の翻訳家の場合はアマチュアの可能性もあるので過去の実績を確認してください。実績の多い翻訳家の方が質の高い翻訳を提供してくれます。翻訳を依頼する際は以上の点に注意すれば質の高い訳文を予算内で仕上げてもらえます。

注目記事

ニュース

2016/07/26
翻訳を専門業者に任せた時の5段階の流れを更新しました。
2016/07/26
翻訳家には日々の努力が必須を更新しました。
2016/07/26
翻訳家の収入と現状についてを更新しました。
2016/07/26
翻訳家を目指すなら、調査力や日本語力も必須を更新しました。
TOP